電話番号

板橋区ときわ台の整体なら無痛整体のえがお療法院やすらぎへ

heroheader - 肉離れ・股関節痛heroheader - 肉離れ・股関節痛heroheader - 肉離れ・股関節痛heroheader - 肉離れ・股関節痛
midashi44 e1549274911367 - 肉離れ・股関節痛
yasuragi 55 - 肉離れ・股関節痛

肉離れ

筋繊維はもともとひとつにまとまっているものですが、それが外部から無理な力がかかって部分的に断裂してしまうのが肉離れです。

 

急にスピードを変えて走り出した時、わずかな段差にバランスを崩した時、ジャンプなどで急激に筋肉が収縮したような時などに、その衝撃が作用して筋肉を傷めた状態です。太ももの裏(ハムストリングス)や前側(大腿四頭筋)、ふくらはぎ(下腿三頭筋)に発生することが多いです。

 

柔軟性が低下していると、スピードをあげるトレーニングやランニング中に、軽い場合だとピリッとした痛みを感じり、つったような痛みを感じます。中程度の場合は太ももの後ろ側に叩かれたような痛みが突然きて、歩行はできるが走ることが困難になってしまいます。


いずれも起こった直後の急性期の痛みは強く、重度の場合は他の人に介助してもらわないと歩けないような場合もあります。

中高年の場合、ふくらはぎの肉離れはゴルフなど、それほど急激と思われない運動でも起こり得ます。坂道や階段、段差の上り下りや、普通に歩いていても起きる可能性もあります。

 

受傷直後は、腫れや内出血を止血するためにも、アイシングをおすすめします。

施術方法

肉離れの原因としては、筋肉の疲労や筋力不足、ストレッチ不足、運動動作のフォームの問題といったことも考えられます。

 

肉離れを起こすと、強い衝撃と痛みにより、筋肉が強く緊張します。

 

また筋繊維が裂けることで内出血を起こす場合もあります。筋肉が緊張していると血統やリンパの流れが悪くなり、皮膚内部の傷口の修復の遅れやむくみなどが起きます。

 

また傷口がくっついたとしても、筋肉の異常緊張を解消しないまま放っておいたために、ハリ感が残ったりして日常動作や運動時の動作にも問題がおきます。程度にもよりますが、一般的には回復に1ヶ月~1ヶ月半ぐらい要するといわれます。

 

 

病院ではアイシングや湿布、そして安静を勧められ、それ以上の治療は急性疾患の為、炎症が起きているということでマッサージは禁止されています。しかし当院であれば、痛みのないゆらすやり方で筋肉の異常緊張を解消し、疲労物質を早期に流し去り、裂けた傷口を修復させ、通常の回復期間よりも早く普通に歩けるようになります。

 

肉離れは再発しやすいといわれます。試合が近いなどの理由で、あせって早期からトレーニングをしてしまう場合がありますが、中途半端に運動を再開すると再発を繰り返すことがあります。段階をふんでよくしていきましょう。

 

肉離れの予防で大切なことは、ウォーミングアップとクールダウンです。しっかり運動できる状態をつくり、終わったら後は、疲労を残さないことです。疲れている時は、無理に運動を行わないで休むことも大切です。

 

 

肉離れは無痛ゆらし療法の得意な症状でもありますので、病院や接骨院で保存療法を行っているが、なかなか良くならないという方はぜひ一度当院へ起こしください!

midashi55 e1549274927143 - 肉離れ・股関節痛
IMG 9072 min - 肉離れ・股関節痛

症状

変形性股関節症
変形性股関節症とは、股関節の軟骨が擦り減り、接合部の骨が変形したりする病気です。

 

先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全からくるものなど原因が明確な変形は二次性の変形股関節症と言われます。一般的には加齢に伴って筋力が衰えたり、不自然な生活動作が続いたりすることで発症すると言われています。

 

臼蓋形成不全は股関節の屋根の部分(寛骨臼)のかぶりが浅い為、体重を支える面積が正常よりも狭いので負担が大きく、軟骨が擦り減りやすくなります。そのかぶりの浅さを補うため、身体は自然に骨盤を前に傾けていきます。つまり骨盤を前傾させることで、臼蓋の足らない部分を代償しているのです。

 

変形股関節症の初期では軽い痛みやだるさですみますが、だんだん進行していくと、日常動作(立ち上がりや衣服の着脱等)に影響がでてきます。さらに歩行に支障がでて姿勢が変化したり、股関節の可動域が狭くなったりします。進行度は前期、初期、進行期、末期の4期に分けられます。

 

前期股関節症は軟骨はまだ厚さがあり、症状は一過性で長時間歩いた時などに軽い痛みや足のだるさを感じる程度です。初期股関節症は軽度の骨の硬化やわずかな軟骨の擦り減りが確認されます。股関節の痛みはやや強くなり、動きも悪くなります。

 

進行期股関節症になると、軟骨の隙間は薄くなり、骨は硬化、レントゲン上に白っぽい部分が増えます。また骨棘など骨の変形もみられます。末期股関節症では、骨の隙間は完全に消え、骨の変形も一段とひどくなります。

痛みは筋肉痛ぐらいの痛みから激痛まで個人差があり、寝返りでの痛みや、夜間痛がでたりする場合もあります。また痛む箇所としては、股関節だけでなく、腰の痛み、おしりの痛み、スネの外側、太ももなどに疼痛を訴える人もいます。

施術方法

病院ではレントゲンやMRIを撮ると、軟骨がすりへっている、骨が変形していることが痛みの原因ですと説明され、病状が進行していると手術を勧められて、数ヶ月は入院ということがあります。


しかし実際は、レントゲン上進行期や末期でも、痛みはなく歩ける方、逆に初期であっても、強い痛みを訴える方というように、症状と病期とは一致していないことが多いです

 

また手術をしても痛みが再発する方もおり変形・老化と痛みは関係がないのです。病期で手術を選択することはお勧めしません。

 

筋肉が硬くなり、うまく働かず、骨が引っ張られて、関節面が圧迫され、関節運動がうまくいかなくなることで、損傷や変形に繋がっていきバランスもくずれていきます。

 

痛みの原因である股関節周囲の筋肉(腹部、臀部、下肢)の緊張をとることで、可動域も広がり、関節運動がうまく働くので、筋肉がバランス良く働き、股関節にかかる負担もへっていきます。また、血流障害も解消されることで、軟骨の回復につながっていきます。

midashi44 e1549274911367 - 肉離れ・股関節痛
yasuragi 55 - 肉離れ・股関節痛

肉離れ

筋繊維はもともとひとつにまとまっているものですが、それが外部から無理な力がかかって部分的に断裂してしまうのが肉離れです。

 

急にスピードを変えて走り出した時、わずかな段差にバランスを崩した時、ジャンプなどで急激に筋肉が収縮したような時などに、その衝撃が作用して筋肉を傷めた状態です。太ももの裏(ハムストリングス)や前側(大腿四頭筋)、ふくらはぎ(下腿三頭筋)に発生することが多いです。

 

柔軟性が低下していると、スピードをあげるトレーニングやランニング中に、軽い場合だとピリッとした痛みを感じり、つったような痛みを感じます。中程度の場合は太ももの後ろ側に叩かれたような痛みが突然きて、歩行はできるが走ることが困難になってしまいます。


いずれも起こった直後の急性期の痛みは強く、重度の場合は他の人に介助してもらわないと歩けないような場合もあります。

中高年の場合、ふくらはぎの肉離れはゴルフなど、それほど急激と思われない運動でも起こり得ます。坂道や階段、段差の上り下りや、普通に歩いていても起きる可能性もあります。

 

受傷直後は、腫れや内出血を止血するためにも、アイシングをおすすめします。

施術方法

肉離れの原因としては、筋肉の疲労や筋力不足、ストレッチ不足、運動動作のフォームの問題といったことも考えられます。

 

肉離れを起こすと、強い衝撃と痛みにより、筋肉が強く緊張します。

 

また筋繊維が裂けることで内出血を起こす場合もあります。筋肉が緊張していると血統やリンパの流れが悪くなり、皮膚内部の傷口の修復の遅れやむくみなどが起きます。

 

また傷口がくっついたとしても、筋肉の異常緊張を解消しないまま放っておいたために、ハリ感が残ったりして日常動作や運動時の動作にも問題がおきます。程度にもよりますが、一般的には回復に1ヶ月~1ヶ月半ぐらい要するといわれます。

 

 

病院ではアイシングや湿布、そして安静を勧められ、それ以上の治療は急性疾患の為、炎症が起きているということでマッサージは禁止されています。しかし当院であれば、痛みのないゆらすやり方で筋肉の異常緊張を解消し、疲労物質を早期に流し去り、裂けた傷口を修復させ、通常の回復期間よりも早く普通に歩けるようになります。

 

肉離れは再発しやすいといわれます。試合が近いなどの理由で、あせって早期からトレーニングをしてしまう場合がありますが、中途半端に運動を再開すると再発を繰り返すことがあります。段階をふんでよくしていきましょう。

 

肉離れの予防で大切なことは、ウォーミングアップとクールダウンです。しっかり運動できる状態をつくり、終わったら後は、疲労を残さないことです。疲れている時は、無理に運動を行わないで休むことも大切です。

 

 

肉離れは無痛ゆらし療法の得意な症状でもありますので、病院や接骨院で保存療法を行っているが、なかなか良くならないという方はぜひ一度当院へ起こしください!

midashi55 e1549274927143 - 肉離れ・股関節痛
IMG 9072 min - 肉離れ・股関節痛

症状

変形性股関節症
変形性股関節症とは、股関節の軟骨が擦り減り、接合部の骨が変形したりする病気です。

 

先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全からくるものなど原因が明確な変形は二次性の変形股関節症と言われます。一般的には加齢に伴って筋力が衰えたり、不自然な生活動作が続いたりすることで発症すると言われています。

 

臼蓋形成不全は股関節の屋根の部分(寛骨臼)のかぶりが浅い為、体重を支える面積が正常よりも狭いので負担が大きく、軟骨が擦り減りやすくなります。そのかぶりの浅さを補うため、身体は自然に骨盤を前に傾けていきます。つまり骨盤を前傾させることで、臼蓋の足らない部分を代償しているのです。

 

変形股関節症の初期では軽い痛みやだるさですみますが、だんだん進行していくと、日常動作(立ち上がりや衣服の着脱等)に影響がでてきます。さらに歩行に支障がでて姿勢が変化したり、股関節の可動域が狭くなったりします。進行度は前期、初期、進行期、末期の4期に分けられます。

 

前期股関節症は軟骨はまだ厚さがあり、症状は一過性で長時間歩いた時などに軽い痛みや足のだるさを感じる程度です。初期股関節症は軽度の骨の硬化やわずかな軟骨の擦り減りが確認されます。股関節の痛みはやや強くなり、動きも悪くなります。

 

進行期股関節症になると、軟骨の隙間は薄くなり、骨は硬化、レントゲン上に白っぽい部分が増えます。また骨棘など骨の変形もみられます。末期股関節症では、骨の隙間は完全に消え、骨の変形も一段とひどくなります。

痛みは筋肉痛ぐらいの痛みから激痛まで個人差があり、寝返りでの痛みや、夜間痛がでたりする場合もあります。また痛む箇所としては、股関節だけでなく、腰の痛み、おしりの痛み、スネの外側、太ももなどに疼痛を訴える人もいます。

施術方法

病院ではレントゲンやMRIを撮ると、軟骨がすりへっている、骨が変形していることが痛みの原因ですと説明され、病状が進行していると手術を勧められて、数ヶ月は入院ということがあります。


しかし実際は、レントゲン上進行期や末期でも、痛みはなく歩ける方、逆に初期であっても、強い痛みを訴える方というように、症状と病期とは一致していないことが多いです

 

また手術をしても痛みが再発する方もおり変形・老化と痛みは関係がないのです。病期で手術を選択することはお勧めしません。

 

筋肉が硬くなり、うまく働かず、骨が引っ張られて、関節面が圧迫され、関節運動がうまくいかなくなることで、損傷や変形に繋がっていきバランスもくずれていきます。

 

痛みの原因である股関節周囲の筋肉(腹部、臀部、下肢)の緊張をとることで、可動域も広がり、関節運動がうまく働くので、筋肉がバランス良く働き、股関節にかかる負担もへっていきます。また、血流障害も解消されることで、軟骨の回復につながっていきます。

電話予約

メールお問い合わせ