「筋肉の特性」

241aa4801121387315a8587fa03e6dc2 300x300 - 筋肉の特性①  筋肉は急に伸ばすと硬くなる
無理して伸ばそうとすると、伸張反射といってより収縮してしまいます。反動をつけるストレッチはあまりよくありません。

②  筋肉は痛みを伴うと硬くなる
身体の防衛反応で、脳としては、痛みを出したくないので、動かさないよう身体を固めようとします。無痛ゆらし療法もこの考え方で施術をしております。

③  筋肉は冷やすと硬くなる
冬に身体は熱を放散させないよう、身を縮めますね。逆に出血時にアイシングするのは硬くして止血する為です。

④  筋肉は電磁場の影響で硬くなる
携帯電話やテレビ塔などの電磁波が、身体に影響するそうです。

⑤  筋肉はストレスで硬くなる
ストレスは交感神経を優位にします。ブログ「交感神経と副交感神経」を参考ください。

⑥  筋肉は温めると緩む
冷やすのとは対称的に、お風呂など利用することで緩みやすくなります。

⑦  筋肉は副交感神経を優位にすると緩む
お風呂に入るのもそうですが、整体をうけて「快」になるのもそうですね。

⑧  筋肉は息を吐くと緩む
呼吸も大事な要素です。日常で、深呼吸をするのも一つです。

⑨ 筋肉は意識によって反応する
筋トレをする時など、意識することで反応力が変わってきます。

 

上記のことは、整体する上でも大事ですし、普段生活する上でも特性を知っておくと役に立ちますね。