「紫斑病」

アレルギー性紫斑病とは静脈の細い血管がもろくなって、皮膚や関節、胃腸、消化器、 腎臓などの血管に炎症が起こる病気です。

またアナフィクライトイド紫斑病やヘノッホ・シェーンライン紫斑病とも呼ばれ、血管性紫斑病のひとつです。

発症は成人にも起こりますが、主に3歳から10歳ぐらいの小児に発生率が高く、ステロイドの副作用への不安、お子さんの痛みを取ってあげられない無力感、紫斑の増減に過敏になってしまったりと、親御さんの精神的な負担も大きい病気です。

<症状>
皮膚の炎症:下腿や腕などを中心に米粒~小豆大の出血斑(紫斑)が現れます。靴下や下着などの圧迫部位にでることがあります。

胃腸、消化器の炎症:腹痛や嘔吐、たんぱく尿があったり、尿や便に血がまじることがあります。

関節の炎症:足関節、手関節などの関節痛があります。痛みで歩行が困難となることも少なくありません。むくみ浮腫もみられます。

腎臓の炎症:腎障害を合併する場合があります。

<原因と治療法>
現在のところはっきりした原因は不明です。そのため決定的な治療法がなく、対処療法を行うしかありません。安静や止血薬の投与、ステロイド薬の投与する場合もあります。

 

<無痛ゆらし療法では>
頚椎の異常と背骨の歪み、それにともなう内蔵の機能低下と考えます。紫斑病はどうしても紫斑ばかりに気がいきがちですが、紫斑はその他の症状が落ち着けば徐々になくなっていきます。

ゆらして筋肉の緊張をとることで、骨盤、背骨の歪みを正し神経の圧迫をとき、血流リンパの流れをよくすることで内臓の働きをよくし、免疫力を上げ自己回復力を高めて回復に導きます。

 

不安な事について聞いたりアドバイスをしていただいたりして心が少し軽くなりました。

丁寧にお話を聞いてくださったり、アドバイスしていただいたことで心が軽くなりました。

紫斑病で悩まれている皆さんに、知ってほしいです。