「休養の大切さ」

859cca82ef100016db66bd4eb30d9ebb 300x77 - 休養の大切さ板橋区ときわ台のえがお療法院やすらぎには、オスグッド、肉離れ、捻挫などの痛みをかかえた子供もたくさん来院します。

「部活やクラブチームで、週何回練習しているの?」と聞くと、「毎日です。」と言う子も多いです。

いつからかわかりませんが、リトルリーグやジュニアサッカーなどは、休養日がなくいつも練習しています。

 

朝日新聞デジタルに、NBAで活躍するダルビッシュ有選手のコメントが掲載されていましたので紹介します。

指導者には正しい知識を身につけて欲しい。例えば休養の重要性です。筋力トレーニングは、ほぼ毎日頑張るよりも、週に3日程度は休みながら行う方が結果は上になったりするのです。いまだに冬に10日、夏に5日程度しか休まないような野球部が珍しくないでしょう。僕が監督なら週2回は休むし、全体練習も3時間で十分。そのくらいの方が成長するのです。

確かに、いい成績を残し、将来プロの野球選手やJリーグの選手になる為には、他よりもハードな練習が必要だと思いますが、痛みを我慢しながらだと、パフォーマンスも落ちて、練習の質が下がってしまいます。

練習(負荷)と休養(回復)のバランスを考えて、もう少し身体に気をつかってください。回復より負荷が上回っていると、いつまでもよくなりません。

また回復力を上げるためにも、専門の練習だけでなく、コンディショニング=体のケアをしっかり行いましょう。
どちらかというと指導者や監督も、そちらをおろそかにしているところが多いように感じます。

身体が疲れた状態だと筋肉は萎縮している状態になり柔軟性がなくなり、パフォーマンスも下がり、怪我をしやすくなります。

プロですとトレーナーを雇ったりできますが、子供のスポーツではまだまだコンディショニング、健康管理をする人やしくみが浸透していませんね。

早期回復のためには、シャワーよりお風呂