オスグッドバンド、サポーター、コルセットはいらない

09b41592940c602b521c9d02804a9a21 150x150 - オスグッドバンド、サポーター、コルセットはいらないオスグッド(成長痛)で膝の下あたりが痛い時につける、オスグッドバンドという装具があります。

太ももの筋肉に引っ張られて、靭帯が付着している脛骨結節(膝の皿の下あたり)のところが、出っ張ってくるので、それをバンドで押さえつけるという対処療法です。

大人になっても、骨の出っ張りがでたままの方もいますが、痛みはありません。骨が出る現象と痛みは関係ないので、痛みを抑える効果もなさそうです。

同様に、膝痛、腰痛時にサポーターやコルセットを巻いたりすることがありますが、初期の痛みの我慢できない時、どうしても動かないといけない時などに、痛みが楽になると感じるのであれば、動く時はつけていただいても結構ですが、長期にわたって装着することはおすすめしません。

慢性の腰痛で来院されたお客様はコルセットを、着けている方が多いです。腰の痛みは変わらないがそれがないと、不安だからということでずっとつけている方もいらっしゃいます。

筋肉を保護(サポート)する事は、サポーターの依存が強くなり、本来使われるべき筋力が弱くなりますし、装着しないとまた痛くなりそうという不安感がぬけません。また常時固定していると、動作が制限され、血流も悪くなる、可動域が狭くなり固まってしまうなど、かえって悪い影響を及ぼします。

足を骨折した時に、ギブスをして、長時間固定していた為、外したら筋肉が弱っていた。おばあちゃんが歩行器に頼って歩いていたら、それが手放せなくなって自立して歩けなくなるなどはいい例です。

対処療法で対応しても、原因を見つけない限りは痛みは解消されないので、膝や腰につけてもつけなくても痛みが変わらないようであれば、サポーターやコルセットは使わないようにしましょう。

習慣的につけている方は、いきなり難しいでしょうから、徐々に外すようにしてください。

板橋えがお療法院やすらぎでは、動きに対する不安であれば、整体の中でその動きが安心して行えることを学習させていきます。不安はより痛みを増長させます。安心感があれば、サポーターやコルセットの必要性はだんだん感じなくなります。