「ランニング障害はなぜ起こるか」

run - ランニング障害はなぜ起こるか

最近は、東京マラソンや皇居でもそうですが、ランニングをする人が増えているなと感じます。

ランニングをしていると、膝痛や腰痛、背中のはり、ふくらはぎや太ももの肉離れ、足底の腱膜炎など、皆さん必ず一度は経験されたことがあるかと思います。

ランニングに限らず、他のスポーツにもいえることですが、要因として考えられるのは以下の3点です。

①練習のしすぎによるオーバーユースで、身体に筋肉疲労が起きる。
ランニングは長時間同じ動きを繰り返すので、腰や膝、足裏などが酷使され、トラブルが起きやすくなります。

②ランニングフォームが悪いなど身体の使い方で、身体の特定部分に負担がかかる。
猫背、後傾した腰など、良くないランニングフォームは身体の負担が大きく、推進力も悪く、無駄な力を使います。また弱化している筋をかばうことで、他の箇所に負担がかかり痛める場合もあります。

③練習前後の身体のケアが不十分で、関節や筋肉をうまく使えずに、障害を起こしやすい。
ウォーミングアップ不足はパフォーマンスの低下を、クーリングダウンを行わないのは疲労回復低下につながります。

 

ケガや痛みがでてしまうと、パフォーマンスが上がるまで、どうしても練習も休まざるをえなくなります。②や③に関しては私共のゆらし整体で、骨盤の調整、胸郭・肩甲骨の柔軟性の向上、痛みやケガの緩和、ケアの仕方、早期回復などのお手伝いができますので、ぜひ一度スポーツ障害でお困りであればご相談ください。