「ゆらし療法にあって、他にないもの」

1395682 300x212 - ゆらし療法にあって他にないもの通常の整体施術というと、整体の検査で動くこともあるでしょうが、だいたいベッドに寝た状態、つまり静止状態でうけるのがほとんどかと思われます。

一般的に整体に来られるお客様で痛みというのは、何かの動作をして痛みがでる方がほとんどです。

姿勢によってつかう筋肉の負担が変わってくるのですから、その姿勢をした時、動作をした時の緊張を緩めないといけません。また本来その動作に余分で不要な筋肉の緊張で痛みも起こります。ある動作をすると、無意識に自分の意志とは関係なしに筋肉が緊張するのです。

静止状態で筋肉の緊張が緩み、痛みがなくなればいいですが、動作時の痛みがとれない場合でも、ゆらし療法では、更に対処の仕方があり、動作に対して余分な筋緊張を起こさせない、適切な動かし方を学習させ、補助することで動かしながら痛みをとるという整体方法があります。

この方法を行うと、だいたいのお客様は不思議がられたり、びっくりされたりします。

痛みを筋肉だけでみるのはなく、脳にも関わっている。そのように考えるゆらし療法は他の整体にはなかなかないのではないでしょうか。