「股関節痛がある人の寝方」

1a483e2f73c1c722cf9a2efa0d22ca34 300x225 - 股関節痛がある人の寝方股関節痛の人は、仰向けに寝ると、股関節が伸びなくて痛いということがよくあります。

これは、股関節の前側の筋肉が強く緊張して硬くなっている為、太ももが引っ張られて股関節が曲がり、必然的に膝も曲がるようになります。

膝の下にクッションを入れると楽になる場合もありますが、それでも仰向けだと痛みがどうしても出てしまう方もいるかと思います。

そこで、おすすめの寝方は、股関節の痛みの側を上にして(下にすると体重で圧迫される為)、横向きに寝て、布団、抱き枕や膝の下に上図の写真のようなクッションをひくことです。

ポイントは上側の脚は床と平行になるぐらいの高さ(厚さ)を確保すること。

そうすることで、股関節の内側は緊張せず、外側は重力で引っ張られずにすみ、お尻の筋肉が緩み、余分な力が抜けることで負担が減りますのでオススメします。

 

ぜひ行ってみてください!!