「オスグッド(成長痛)で痛みのある人は、自転車に注意」

91ecf97e6810ac666a0d7c75c7ffa75d 1 - オスグッド(成長痛)で痛みのある人は、自転車に注意

太ももを使うな!股関節(お尻)を使え!

オスグッドで膝痛の子は、太もも前面の筋肉が硬く緊張していて、張っていることがほとんどです。

日常生活の中で、自転車を使うことが多いと思いますが、乗り方によっては、さらに太ももの筋緊張を強めてしまう場合があるので注意しましょう。

通常自転車に乗る時は、上記のイラストのように、椅子がある所に体重がのる為、股関節がうまく使えず、太ももの前を使って自転車をこぐことになります。

しかし、骨盤をなるべく前傾にして、体重をお尻になるべくかけないようにして、股関節(お尻の方)の筋肉を使うと楽に、疲れずこぐことができます。

坂道は座ってこぐより、立ちこぎした方が登りやすいですし、自転車もママチャリよりロードバイクの方が楽です。(椅子の高さなどのつくりがそうなっていますね)

オスグッド(成長痛)で膝に痛みがあるのであれば、なるべく自転車にのらないことをおすすめします。乗るにしても、立ちこぎに近い状態で乗るようにして太ももに負担をかけないようにしてみてください。

普段の生活習慣を気をつけることで、膝にかかる負荷を減らし、痛みを軽減させていきましょう。