「水分補給」

448a6ed60c2d8d8a671a701967714712 300x200 - 水分補給板橋区ときわ台のゆらし整体院 えがお療法院やすらぎ 院長の岩間です。

今日は水分補給について書きます。

ここ数年間の間に大地震が起こると言われていますが、地震が実際起こった際に閉じ込められたとして、救出を待っている間に生きていられる重要な条件として、水の確保があげられます。

水は食べ物よりも大事です。人間は何も食べなくても一ヶ月くらいは生きていけるらしいですが、水を絶たれると三日ともちません。

水分補給の大事さがわかりますね。

 

水を飲むことで身体の代謝がよくなります。

●細胞の水分が満たされ、皮膚はみずみずしさを取り戻します
●老廃物が排出されやすくなります
●腸の働きがよくなります
●排尿、排泄が促進されます
●血中の中性脂肪や尿酸値が下がります

人間の身体の60%から80%(年齢によって違います)は水分でできています。また飲んだ水はだいたい15分で肌に達し、20分で細胞に達します。水は健康にかかせませんね。

えがお療法院やすらぎのお店でお配りしている冊子の中にも書いてありますが、水の飲む際のポイントは以下の3点。

●冷たい水ではなく、温かい水や常温の水を飲む。冷たいものを大量に飲んでしまうと血管が委縮してしまい、胃腸の働きが弱くなってしまいます。(ただしスポーツした後や、風呂上がり、熱中症対策には冷たい水の方が吸収率はいい)

●水分補給として、コーヒーやジュースや緑茶でもいいですが、カフェインや糖類など余計なものが入ってなく、肝臓の負担も少ない水もしっかり飲む。ミネラルの入った麦茶でもいいですね。(たんぽぽ茶、ルイボスティー、黒豆茶、コーン茶などもノンカフェインでミネラルも補給できます。)

●飲む量は、体重25kgにつき1リットルを目安に飲む。

以上のことを気をつけて飲んでみてください。

熱中症で気をつけること