「歩くことは大事です。」

1248879 230x300 - 歩くことは大事です。だんだん年齢を重ねると、運動することや外出することが、億劫になってきますね。

しかし歩かないことは、様々な影響を及ぼします。

歩かない生活というのは、足腰の筋肉が衰えてしまい膝に負担がかかります。また血流が悪くなるので、肩こりや腰痛、膝痛などが慢性化しやすくなります。また胃腸などの内臓機能や肺や心臓の循環機能も低下し、徐々に弱化していきます。

また下肢に流れていった血液やリンパ液は、ふくらはぎのポンプ作用により、上半身に戻りますが、歩かない生活をしていると、血液やリンパ液が循環せず、むくみやすくなります。新鮮な酸素や栄養が運ばれていない状態です。

よく例えるのは、川の流れが良いところはいつも水が澄んで綺麗な一方、川の流れが悪いところは淀み、色は濁り、悪臭を放っているようなイメージです。

他にも、膝の軟骨が擦り減るのは、筋力の衰えもありますが、血流が悪くなることで、軟骨が潤滑性と弾力性を生み出す物質を生産することができにくくなることも一因です。

軟骨の細胞代謝を促進させ、痛みの物質を関節の外に排出させる為にも、歩くことで下肢の血液の循環をよくしていきましょう。

 

*膝が痛くて、歩くのがつらい方は、無理して歩かず、まずは動かせる範囲で足を動かすようにしてみてください。