電話番号

板橋区ときわ台の整体なら無痛整体のえがお療法院やすらぎへ

heroheader - 足痛バナーheroheader - 足痛バナーheroheader - 足痛バナーheroheader - 足痛バナー
midashi44 e1549274911367 - 足痛バナー
yasuragi 55 - 足痛バナー

肉離れの症状

筋繊維はもともとひとつにまとまっているものですが、それが外部から無理な力がかかって部分的に断裂してしまうのが肉離れです。

 

急にスピードを変えて走り出した時、わずかな段差にバランスを崩した時、ジャンプなどで急激に筋肉が収縮したような時などに、その衝撃が作用して筋肉を傷めた状態です。太ももの裏(ハムストリングス)や前側(大腿四頭筋)、ふくらはぎ(下腿三頭筋)に発生することが多いです。

 

柔軟性が低下していると、スピードをあげるトレーニングやランニング中に、軽い場合だとピリッとした痛みを感じり、つったような痛みを感じます。中程度の場合は太ももの後ろ側に叩かれたような痛みが突然きて、歩行はできるが走ることが困難になってしまいます。


いずれも起こった直後の急性期の痛みは強く、重度の場合は他の人に介助してもらわないと歩けないような場合もあります。

中高年の場合、ふくらはぎの肉離れはゴルフなど、それほど急激と思われない運動でも起こり得ます。坂道や階段、段差の上り下りや、普通に歩いていても起きる可能性もあります。

 

受傷直後は、腫れや内出血を止血するためにも、アイシングをおすすめします。

肉離れの原因とゆらし療法

肉離れの原因としては、筋肉の疲労や筋力不足、ストレッチ不足、運動動作のフォームの問題といったことも考えられます。

 

肉離れを起こすと、強い衝撃と痛みにより、筋肉が強く緊張します。

 

また筋繊維が裂けることで内出血を起こす場合もあります。筋肉が緊張していると血統やリンパの流れが悪くなり、皮膚内部の傷口の修復の遅れやむくみなどが起きます。

 

また傷口がくっついたとしても、筋肉の異常緊張を解消しないまま放っておいたために、ハリ感が残ったりして日常動作や運動時の動作にも問題がおきます。程度にもよりますが、一般的には回復に1ヶ月~1ヶ月半ぐらい要するといわれます。

 

 

病院ではアイシングや湿布、そして安静を勧められ、それ以上の治療は急性疾患の為、炎症が起きているということでマッサージは禁止されています。しかし当院であれば、痛みのないゆらすやり方で筋肉の異常緊張を解消し、疲労物質を早期に流し去り、裂けた傷口を修復させ、通常の回復期間よりも早く普通に歩けるようになります。

 

肉離れは再発しやすいといわれます。試合が近いなどの理由で、あせって早期からトレーニングをしてしまう場合がありますが、中途半端に運動を再開すると再発を繰り返すことがあります。段階をふんでよくしていきましょう。

 

肉離れの予防で大切なことは、ウォーミングアップとクールダウンです。しっかり運動できる状態をつくり、終わったら後は、疲労を残さないことです。疲れている時は、無理に運動を行わないで休むことも大切です。

 

 

肉離れは無痛ゆらし療法の得意な症状でもありますので、病院や接骨院で保存療法を行っているが、なかなか良くならないという方はぜひ一度当院へ起こしください!

midashi44 e1549274911367 - 足痛バナー
yasuragi 55 - 足痛バナー

肉離れの症状

筋繊維はもともとひとつにまとまっているものですが、それが外部から無理な力がかかって部分的に断裂してしまうのが肉離れです。

 

急にスピードを変えて走り出した時、わずかな段差にバランスを崩した時、ジャンプなどで急激に筋肉が収縮したような時などに、その衝撃が作用して筋肉を傷めた状態です。太ももの裏(ハムストリングス)や前側(大腿四頭筋)、ふくらはぎ(下腿三頭筋)に発生することが多いです。

 

柔軟性が低下していると、スピードをあげるトレーニングやランニング中に、軽い場合だとピリッとした痛みを感じり、つったような痛みを感じます。中程度の場合は太ももの後ろ側に叩かれたような痛みが突然きて、歩行はできるが走ることが困難になってしまいます。


いずれも起こった直後の急性期の痛みは強く、重度の場合は他の人に介助してもらわないと歩けないような場合もあります。

中高年の場合、ふくらはぎの肉離れはゴルフなど、それほど急激と思われない運動でも起こり得ます。坂道や階段、段差の上り下りや、普通に歩いていても起きる可能性もあります。

 

受傷直後は、腫れや内出血を止血するためにも、アイシングをおすすめします。

肉離れの原因とゆらし療法

肉離れの原因としては、筋肉の疲労や筋力不足、ストレッチ不足、運動動作のフォームの問題といったことも考えられます。

 

肉離れを起こすと、強い衝撃と痛みにより、筋肉が強く緊張します。

 

また筋繊維が裂けることで内出血を起こす場合もあります。筋肉が緊張していると血統やリンパの流れが悪くなり、皮膚内部の傷口の修復の遅れやむくみなどが起きます。

 

また傷口がくっついたとしても、筋肉の異常緊張を解消しないまま放っておいたために、ハリ感が残ったりして日常動作や運動時の動作にも問題がおきます。程度にもよりますが、一般的には回復に1ヶ月~1ヶ月半ぐらい要するといわれます。

 

 

病院ではアイシングや湿布、そして安静を勧められ、それ以上の治療は急性疾患の為、炎症が起きているということでマッサージは禁止されています。しかし当院であれば、痛みのないゆらすやり方で筋肉の異常緊張を解消し、疲労物質を早期に流し去り、裂けた傷口を修復させ、通常の回復期間よりも早く普通に歩けるようになります。

 

肉離れは再発しやすいといわれます。試合が近いなどの理由で、あせって早期からトレーニングをしてしまう場合がありますが、中途半端に運動を再開すると再発を繰り返すことがあります。段階をふんでよくしていきましょう。

 

肉離れの予防で大切なことは、ウォーミングアップとクールダウンです。しっかり運動できる状態をつくり、終わったら後は、疲労を残さないことです。疲れている時は、無理に運動を行わないで休むことも大切です。

 

 

肉離れは無痛ゆらし療法の得意な症状でもありますので、病院や接骨院で保存療法を行っているが、なかなか良くならないという方はぜひ一度当院へ起こしください!

adb8975b04e28dc2f6b5c9c02bb86eca 1 - 足痛バナー

 

こんなシンスプリントの症状でお困りではありませんか?

 

全力で走ることができない

 

内くるぶしの上側を押さえると痛みがでる

 

足の痛みを我慢しながら、スポーツしている

 

病院や接骨院に通っているが、なかなか痛みがとれない

シンスプリントの原因とゆらし療法

「シンスプリント」はランニングやジャンプの多いスポーツで、筋肉が過度に使われることにより発症しやすいスポーツ障害です。

 

慢性痛なので「捻挫」や「肉離れ」のように突然発生するものではありません。

 

シンスプリントは、「練習を止めないと治らない」「時間がかかる」とよく言われます。痛みが軽いうちは休みながらも練習できるのですが、意識しない間に症状が進み、我慢して使っていると痛みが増し、長期間の休養が必要になったり、疲労骨折につながる場合もありますので、不安であれば一度病院へ行ってレントゲン診断されることをおすすめします。

 

痛みとしては、主にふくらはぎの内側に痛みがでます。また押圧しても痛みがでます。

 

シンスプリントの痛みが起こる原因は、自己回復力を上回る練習量(時間、内容)、硬い路面、シューズ、下肢のアライメント異常(O脚、扁平足など)、下腿三頭筋、足関節の柔軟性低下などによるスネの部分の細胞の損傷です。

 

通常は、足関節やふくらはぎが地面からの衝撃をやわらげますが、足のアーチの低下や支える筋肉の疲労で、繰り返し下方に衝撃を受け続けていると筋肉が引っ張られ負担がかかりやすくなってしまいます。体幹に近い部位を引き上げた状態で優しく触れることで緊張をとり、変性がおきている細胞を本来の位置に留めておくことで回復させていきます。

 

板橋えがお療法院やすらぎでは、原因となる筋肉の疲労緊張をとき、新陳代謝を高め、下肢のアライメントの修正や、足関節の柔軟性なども取り戻すことで、短期間で回復させることが可能です。

 

シンスプリントでお困りであれば、ぜひ当院に起こしください。

電話予約

メールお問い合わせ