ずっと安静はよくない

膝の炎症
齢者の方は、普段の生活において、膝や股関節、腰に痛みが生じると、動くことが億劫になり、外出せず家にずっと居ることが多くなることで、身体をほとんど動かさなくなってしまう傾向があります。
 
 
また病院へ行くと、お医者様からは「安静にしてください」と言われ、患部の固定、湿布、痛み止めの処方がされるので、その過度な安静がかえって逆効果になることがあります。
 
 
確かに痛みが強い時に、膝や股関節を動かさずに、安静にすることはある意味正しいことですが、痛いからといって、そのままずっと動かさずにいると筋力が弱ってしまうだけでなく、血行も悪くなり、萎縮して筋肉や関節がかたくなり、可動範囲も狭まりますので、ある意味間違っています。
 
 
さらに癒着した筋肉組織は滑走が悪くなるので、動かす際に痛みが出る為、ますます動かさなくなるという悪循環に陥ってしまいます。
 
また、運動量が減ることで体重が増える場合もあり、増加分が膝や股関節に負荷として、かかってきます。
 
 
変形性股関節症や変形性膝関節症の方は、痛みで動かしたくない気持ちがあるでしょうが、症状を進行させない為にも、じっとせずに痛みの出ない範囲で動かすことや、温めて血液リンパの流れをよくすることが、痛みからの回復を早めますので気をつけてみてください。
 
板橋えがお療法院やすらぎでは、痛みのない体操もお伝えしておりますのでぜひご相談ください。