土と人間

土を耕す

土にふれると癒やされます

 

私は趣味でぷち農業をやっているのですが、おいしい野菜をつくるには、土の重要性というのがかかせません。

 

作物の育たない所というのは、3つあります。

一、 固い土

一、 冷たい土

一、 水はけ水持ちの悪い土

と言われます。

 

これを人間にあてはめてみると、

一、硬い土は、筋肉が凝り固まっている人

一、冷たい土は、体温が低い人

一、水はけ水持ちの悪い土は、代謝の悪い人

と置き換えられます。

 

こういう体質の人は、作物が育たないのと同じように、

疲労や冷え、血行不良により腰痛、膝痛、肩こり、むくみなど何かしら、身体に影響がでています。

 

土は人やミミズ、植物の根によって耕されて、ふかふかで水はけがよい土になっていきます。

人間もストレッチやウォーキングなど適度な運動と睡眠による休息、十分な水分摂取、湯船につかり身体を温めることで、筋肉が緩み、血流がよくなり代謝がよくなってきます。

回復の秘訣は「入浴」、「水分摂取」、「睡眠」です。

健康な身体というのは、回復しやすい身体です。回復しやすい身体は自然治癒力が高いということです。

普段の生活習慣を見直して、回復しやすい身体をしっかりつくっていきたいものですね。