足がつる原因は?

足がつる

足がつると、筋肉が突然収縮して、けいれんすることで飛び起きるほど痛く、しばらく痛みがつづきます。

一番の原因として考えられるのは、筋肉が硬くなることです。

日常生活での疲労の蓄積や、いつもと違う動かし方をして普段使わなかった筋肉疲労、逆にあまり歩かない動かさないことで、ふくらはぎがつると考えられます。足首がかたい人、ヒールを履く、重心が前にいってる姿勢の人は気をつけたほうがいいでしょう。

 

他には、冷えによる血行不良で筋肉がかたくなってしまった、内臓疾患などの理由も考えられますが、まず筋肉疲労を疑ってみましょう。

日刊ゲンダイにも、記事が掲載されていました。

 気持ちよく寝ていたら、ふくらはぎに強烈な痛みが走って悶絶……。年をとってから足がつりやすくなったという人は少なくない。なんとかしたい。

〈つる〉というのは筋肉の痙攣(けいれん)です。筋肉は体を動かすために伸びたり縮んだりしています。普段は、脳の指令=自分の意思によって伸縮しますが、指令とは関係なく筋肉が過剰に収縮して固まってしまう状態が〈つっている〉状態です。筋肉が縮こまって自分の意思では伸ばせないため、強烈な痛みを伴って動くことができません。

〈つり〉起こるメカニズムは完全には解明されていない。筋肉を動かす際、脳から出される指令は神経を介して筋肉に伝えられるが、動かそうとしている箇所の異常興奮や、筋線維細胞膜の不安定化などが〈つり〉に影響していると考えられている。

そうした異常興奮や不安定化は、脱水、疲労、冷え、体内の電解質異常などによって起こります。また、夜間、特に明け方は無意識に伸びをしているため、つりが誘発されやすい状態です。

年をとってから夜間に足がつりやすくなるのは、(1)若い頃よりも体内の水分が少なくなって脱水状態になっている(2)筋肉が衰えて伸縮能力が低下し、固まっている(3)老廃物の処理能力が低下し、疲労物質が蓄積している ―― といった原因が考えられます。

それでも頻繁に足がつる人は、病気を疑ったほうがいい。肝硬変、腎不全、慢性腎臓病といった消化器系の疾患は、電解質のバランスを崩したり、脱水をきたす代表的な病気です。糖尿病や狭心症などが絡んでいるケースもあります。何度も繰り返し足がつる人は、早めにしっかり検査を受けるべきです。

(2014年4月2日 日刊ゲンダイより) 

 

 

つまり、加齢や疲労、脱水、冷えなどによってミネラルバランス(特にマグネシウムとカルシウム)がくずれる→血流が滞って電解質が運ばれにくくなる→神経伝達に支障がでて足がつる

 

 

 

上記の原因から、対策予防法としては

● 寝る前にしっかりと水分補給を行う

● ストレッチや体操、入浴をして、筋肉疲労をとるようにする

● ウォーキングなど軽い運動を行う

●冷房の使いすぎ、素足を出さないなど身体を冷やさないようにする

 

硬くなっている筋肉は、ふくらはぎだけでなく足裏や膝裏も緩めたほうが良いです。当院でお伝えしている体操として、足の指、足首まわし、膝ゆらしなどありますが、いずれ紹介したいと思います。青竹踏みもいいですよ!