足のアーチについて

ランニングマシン

 

足のアーチは膝痛、股関節痛、オスグッドといったスポーツ障害に影響を及ぼすことが、多々あります。

 

足裏には、親指のつけ根と小指のつけ根を結ぶ”横アーチ”、足の外側を結ぶ”外側縦アーチ”、そして親指のつけ根からかかとを結ぶ”内側縦アーチ”という3つのアーチがあります

この3つが働いて、地面から受ける衝撃を和らげています。

しかし体の使い方や、骨盤の歪みがあると、アーチがつぶれ、ショックを和らげるという機能が働かなくなり、扁平足になってしまいます。

土踏まずのアーチが潰れて、扁平足になると、以下のような症状がでてきます。

①足が不安定になりバランスが悪くなることで、ふくらはぎの負担が大きくなり、つりやすくなったり、足が疲れやすくなります

②歩行時の重心移動がうまくいかないので、足底筋膜炎や足の親指側の負担から、外反母趾になりやすくなります

③同側の膝が内側に捻じれやすくなる、肩が下がるなど他の箇所に影響がでます

 

歩く時に着地の直前に、足の指を反らして、土踏まずのアーチを強くすることで、着地時にかかる衝撃に備えます。

ですので、きつすぎる靴など履いて、足の指先が自由に動かせないと、反らすことが十分に衝撃機能を果たすことができません。

扁平足にならないよう、もっと足裏に気を遣ってみてください。

運動としては、つま先立ちや、タオルギャザーやグーパーなどで足指をしっかり動かすことが大事です。

 

土踏まずのアーチを維持するようバランスを整えていきましょう。