電話番号

板橋区ときわ台の整体なら無痛整体のえがお療法院やすらぎへ

heroheader - バナー股関節痛heroheader - バナー股関節痛heroheader - バナー股関節痛heroheader - バナー股関節痛
midashi55 e1549274927143 - バナー股関節痛
IMG 9072 min - バナー股関節痛

症状

●変形性股関節症

変形性股関節症とは、股関節の軟骨が擦り減り、接合部の骨が変形したりする病気です。

先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全からくるものなど原因が明確な変形は二次性の変形股関節症と言われます。一般的には加齢に伴って筋力が衰えたり、不自然な生活動作が続いたりすることで発症すると言われています。

 

臼蓋形成不全は股関節の屋根の部分(寛骨臼)のかぶりが浅い為、体重を支える面積が正常よりも狭いので負担が大きく、軟骨が擦り減りやすくなります。そのかぶりの浅さを補うため、身体は自然に骨盤を前に傾けていきます。つまり骨盤を前傾させることで、臼蓋の足らない部分を代償しているのです。

 

変形股関節症の初期では軽い痛みやだるさですみますが、だんだん進行していくと、日常動作(立ち上がりや衣服の着脱等)に影響がでてきます。さらに歩行に支障がでて姿勢が変化したり、股関節の可動域が狭くなったりします。進行度は前期、初期、進行期、末期の4期に分けられます。

 

前期股関節症は軟骨はまだ厚さがあり、症状は一過性で長時間歩いた時などに軽い痛みや足のだるさを感じる程度です。初期股関節症は軽度の骨の硬化やわずかな軟骨の擦り減りが確認されます。股関節の痛みはやや強くなり、動きも悪くなります。

 

進行期股関節症になると、軟骨の隙間は薄くなり、骨は硬化、レントゲン上に白っぽい部分が増えます。また骨棘など骨の変形もみられます。末期股関節症では、骨の隙間は完全に消え、骨の変形も一段とひどくなります。


痛みは筋肉痛ぐらいの痛みから激痛まで個人差があり、寝返りでの痛みや、夜間痛がでたりする場合もあります。また痛む箇所としては、股関節だけでなく、腰の痛み、おしりの痛み、スネの外側、太ももなどに疼痛を訴える人もいます。

施術方法

病院ではレントゲンやMRIを撮ると、軟骨がすりへっている、骨が変形していることが痛みの原因ですと説明され、病状が進行していると手術を勧められて、数ヶ月は入院ということがあります。

 

しかし実際は、レントゲン上進行期や末期でも、痛みはなく歩ける方、逆に初期であっても、強い痛みを訴える方というように、症状と病期とは一致していないことが多いです。

また手術をしても痛みが再発する方もおり変形・老化と痛みは関係がないのです。病期で手術を選択することはお勧めしません。

筋肉が硬くなり、うまく働かず、骨が引っ張られて、関節面が圧迫され、関節運動がうまくいかなくなることで、損傷や変形に繋がっていきバランスもくずれていきます。

痛みの原因である股関節周囲の筋肉(腹部、臀部、下肢)の緊張をとることで、可動域も広がり、関節運動がうまく働くので、筋肉がバランス良く働き、股関節にかかる負担もへっていきます。また、血流障害も解消されることで、軟骨の回復につながっていきます。

midashi55 e1549274927143 - バナー股関節痛
IMG 9072 min - バナー股関節痛

症状

●変形性股関節症
変形性股関節症とは、股関節の軟骨が擦り減り、接合部の骨が変形したりする病気です。

先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全からくるものなど原因が明確な変形は二次性の変形股関節症と言われます。一般的には加齢に伴って筋力が衰えたり、不自然な生活動作が続いたりすることで発症すると言われています。

臼蓋形成不全は股関節の屋根の部分(寛骨臼)のかぶりが浅い為、体重を支える面積が正常よりも狭いので負担が大きく、軟骨が擦り減りやすくなります。そのかぶりの浅さを補うため、身体は自然に骨盤を前に傾けていきます。つまり骨盤を前傾させることで、臼蓋の足らない部分を代償しているのです。

変形股関節症の初期では軽い痛みやだるさですみますが、だんだん進行していくと、日常動作(立ち上がりや衣服の着脱等)に影響がでてきます。さらに歩行に支障がでて姿勢が変化したり、股関節の可動域が狭くなったりします。進行度は前期、初期、進行期、末期の4期に分けられます。

前期股関節症は軟骨はまだ厚さがあり、症状は一過性で長時間歩いた時などに軽い痛みや足のだるさを感じる程度です。初期股関節症は軽度の骨の硬化やわずかな軟骨の擦り減りが確認されます。股関節の痛みはやや強くなり、動きも悪くなります。

進行期股関節症になると、軟骨の隙間は薄くなり、骨は硬化、レントゲン上に白っぽい部分が増えます。また骨棘など骨の変形もみられます。末期股関節症では、骨の隙間は完全に消え、骨の変形も一段とひどくなります。
痛みは筋肉痛ぐらいの痛みから激痛まで個人差があり、寝返りでの痛みや、夜間痛がでたりする場合もあります。また痛む箇所としては、股関節だけでなく、腰の痛み、おしりの痛み、スネの外側、太ももなどに疼痛を訴える人もいます。

施術方法

病院ではレントゲンやMRIを撮ると、軟骨がすりへっている、骨が変形していることが痛みの原因ですと説明され、病状が進行していると手術を勧められて、数ヶ月は入院ということがあります。

しかし実際は、レントゲン上進行期や末期でも、痛みはなく歩ける方、逆に初期であっても、強い痛みを訴える方というように、症状と病期とは一致していないことが多いです。

また手術をしても痛みが再発する方もおり変形・老化と痛みは関係がないのです。病期で手術を選択することはお勧めしません。

筋肉が硬くなり、うまく働かず、骨が引っ張られて、関節面が圧迫され、関節運動がうまくいかなくなることで、損傷や変形に繋がっていきバランスもくずれていきます。

痛みの原因である股関節周囲の筋肉(腹部、臀部、下肢)の緊張をとることで、可動域も広がり、関節運動がうまく働くので、筋肉がバランス良く働き、股関節にかかる負担もへっていきます。また、血流障害も解消されることで、軟骨の回復につながっていきます。

電話予約

メールお問い合わせ