電話番号

板橋区ときわ台の整体なら無痛整体のえがお療法院やすらぎへ

heroheader - バナー変形性膝関節症・オスグッドheroheader - バナー変形性膝関節症・オスグッドheroheader - バナー変形性膝関節症・オスグッドheroheader - バナー変形性膝関節症・オスグッド
midashi11 - バナー変形性膝関節症・オスグッド
yasuragi 68 - バナー変形性膝関節症・オスグッド

膝痛

●膝窩筋の炎症
ふくらはぎや太ももの後ろの筋肉、腱が多く集まっている、膝窩部が炎症を起 し て、ヒザの裏側に痛みを起こします。

 

●半月板損傷
半月板とは膝関節の大腿骨と脛骨の間にある軟骨でクッションの役目をはたしま す。内側と外側にあり、スポーツや加齢により傷つくと膝の曲げ伸ばしで痛みが でたり、引っかかり感がでます。

 

●腸脛靭帯炎
膝の屈伸時に腸脛靭帯が太ももの骨と摩擦を繰り返して起こる炎症で膝の前側に 痛みが生じやすい。O脚、足首や膝の内反、股関節を外に動かす中殿筋の筋力の 低下などが原因と言われています。

 

●タナ障害
膝蓋骨と大腿骨との間にある滑膜ヒダという膜がヒザの曲げ伸ばしを行う時に骨 の間に挟み込まれ、炎症を起こすことでヒザの内側に痛みが生じる。

施術方法

通常、病院ではどのような対処をするかといえば、膝に水がたまっていれば抜きます。また軟骨が裂けたり引かかっていれば部分的に切除し、重症であれば骨を切ってつなぎ直すような処置をします。

 

さらに人工関節を埋め込む、あるいはヒアルロン酸やステロイド注射をするといったことを行います。

 

膝痛の原因は膝の周辺の筋肉が異常に緊張することに起因します。

 

すると筋肉が骨を引っ張るので、関節が歪んだり骨と骨の間が狭くなり、動かすときに摩擦や圧迫が強くなって正常に関節が動かなくなるのです。その結果が炎症です。また、水がたまったり、軟骨が潰れたりするなど、さまざまな症状が現れます。

 

当院では手技を用いて筋肉の緊張をほぐし、短期間での痛みの改善を実現します。

midashi22 - バナー変形性膝関節症・オスグッド
yasuragi 46 - バナー変形性膝関節症・オスグッド

症状

正式名称はオスグッド・シュラッター病と言います。スポーツをする子どもに多く見られる膝の痛みです。


股関節と膝の関節をつないでいる大腿直筋(太ももの前の筋肉)が緊張して、かたくなりこの筋肉の延長にある膝のお皿の下の部分を強く引っ張りつづけて剥離骨折を起こすものです。

 

成長期の子どもに発症することから「成長痛」とも呼ばれます。(成長期の子全員が痛くなるわけではないので、これは名前がよくありませんね)膝蓋骨(膝のお皿)の少し下の部分が盛り上がったり、痛みが出ます。また屈伸運動で痛みがあります。他にも走る、跳ぶといった激しい動作をする時だけでなく、階段昇降、歩くだけでも痛いといったケースもあります。

 

通常は、アイシングや電気治療、マッサージ、オスグッドバンドで固定といったようなことを行います。一時的に楽になっても再発するといったケースもあり、有効な対処法がないのが現状です。

 

成長痛と呼ばれるとおり、「骨の成長に筋肉がおいつかないから、安静にしてください」と言われたけど、休んでいるにもかかわらず、膝の痛みがとれない。

 

「成長期が過ぎれば自然に痛みは止まります」と言われても、運動をしている成長期の子供にとっては、今しかありません。

 

「成長痛なので痛みと上手に付き合っていきましょう」と言われ、大事な試合や大会に出られず、練習にも参加できないといった悔しい思いを見過ごすことはできません。

施術方法

成長しているのは膝だけではありませんし、全体が成長しているのに、なぜ膝だけが痛くなるのでしょうか?それは、成長するから痛いのではなく、成長する部位(関節軟骨)に負担がかかって痛みがでるのです。


オスグッドは身体が硬く、休みなくスポーツを一生懸命頑張っている子供が発症します。問題は骨ではなく、過度の運動練習で身体が疲労し、回復が追いつかず、膝周辺や太ももの筋肉が強く緊張して、しっかり伸縮ができず、膝関節が圧迫され固まった状態になっていることです

 

 

したがってオスグッドの痛い所だけでなく、痛みをつくりだしている筋肉に注視し、太ももの緊張を取り除いて、柔軟性を回復させ、太ももの裏側にあるハムストリングスや臀筋(お尻の筋肉)を使えるようにすることで膝関節にかかる負担を減らしていきます。負担を取り除き、しっかりと疲労を取ることも同時に行ってもらい、再発せず、痛みのなくしゃがめる、動ける状態にしていきます。

 

オスグッド病で長期間苦しむ必要はありません。大丈夫です。原因を一つ一つ解消してよくしていきましょう!

midashi11 - バナー変形性膝関節症・オスグッド
yasuragi 68 - バナー変形性膝関節症・オスグッド

膝痛

●膝窩筋の炎症
ふくらはぎや太ももの後ろの筋肉、腱が多く集まっている、膝窩部が炎症を起 し て、ヒザの裏側に痛みを起こします。

 

●半月板損傷
半月板とは膝関節の大腿骨と脛骨の間にある軟骨でクッションの役目をはたしま す。内側と外側にあり、スポーツや加齢により傷つくと膝の曲げ伸ばしで痛みが でたり、引っかかり感がでます。

 

●腸脛靭帯炎
膝の屈伸時に腸脛靭帯が太ももの骨と摩擦を繰り返して起こる炎症で膝の前側に 痛みが生じやすい。O脚、足首や膝の内反、股関節を外に動かす中殿筋の筋力の 低下などが原因と言われています。

 

●タナ障害
膝蓋骨と大腿骨との間にある滑膜ヒダという膜がヒザの曲げ伸ばしを行う時に骨 の間に挟み込まれ、炎症を起こすことでヒザの内側に痛みが生じる。

施術方法

通常、病院ではどのような対処をするかといえば、膝に水がたまっていれば抜きます。

 

また軟骨が裂けたり引かかっていれば部分的に切除し、重症であれば骨を切ってつなぎ直すような処置をします。


さらに人工関節を埋め込む、あるいはヒアルロン酸やステロイド注射をするといったことを行います。

 

膝痛の原因は膝の周辺の筋肉が異常に緊張することに起因します。

 

すると筋肉が骨を引っ張るので、関節が歪んだり骨と骨の間が狭くなり、動かすときに摩擦や圧迫が強くなって正常に関節が動かなくなるのです。その結果が炎症です。また、水がたまったり、軟骨が潰れたりするなど、さまざまな症状が現れます。

 


当院では手技を用いて筋肉の緊張をほぐし、短期間での痛みの改善を実現します。

midashi22 - バナー変形性膝関節症・オスグッド
yasuragi 46 - バナー変形性膝関節症・オスグッド

症状

正式名称はオスグッド・シュラッター病と言います。スポーツをする子どもに多く見られる膝の痛みです。


股関節と膝の関節をつないでいる大腿直筋(太ももの前の筋肉)が緊張して、かたくなりこの筋肉の延長にある膝のお皿の下の部分を強く引っ張りつづけて剥離骨折を起こすものです。

 

成長期の子どもに発症することから「成長痛」とも呼ばれます。(成長期の子全員が痛くなるわけではないので、これは名前がよくありませんね)膝蓋骨(膝のお皿)の少し下の部分が盛り上がったり、痛みが出ます。また屈伸運動で痛みがあります。他にも走る、跳ぶといった激しい動作をする時だけでなく、階段昇降、歩くだけでも痛いといったケースもあります。

 

通常は、アイシングや電気治療、マッサージ、オスグッドバンドで固定といったようなことを行います。一時的に楽になっても再発するといったケースもあり、有効な対処法がないのが現状です。

 

成長痛と呼ばれるとおり、「骨の成長に筋肉がおいつかないから、安静にしてください」と言われたけど、休んでいるにもかかわらず、膝の痛みがとれない。

 

「成長期が過ぎれば自然に痛みは止まります」と言われても、運動をしている成長期の子供にとっては、今しかありません。

 

「成長痛なので痛みと上手に付き合っていきましょう」と言われ、大事な試合や大会に出られず、練習にも参加できないといった悔しい思いを見過ごすことはできません。

施術方法

成長しているのは膝だけではありませんし、全体が成長しているのに、なぜ膝だけが痛くなるのでしょうか?それは、成長するから痛いのではなく、成長する部位(関節軟骨)に負担がかかって痛みがでるのです。


オスグッドは身体が硬く、休みなくスポーツを一生懸命頑張っている子供が発症します。問題は骨ではなく、過度の運動練習で身体が疲労し、回復が追いつかず、膝周辺や太ももの筋肉が強く緊張して、しっかり伸縮ができず、膝関節が圧迫され固まった状態になっていることです

 

 

したがってオスグッドの痛い所だけでなく、痛みをつくりだしている筋肉に注視し、太ももの緊張を取り除いて、柔軟性を回復させ、太ももの裏側にあるハムストリングスや臀筋(お尻の筋肉)を使えるようにすることで膝関節にかかる負担を減らしていきます。負担を取り除き、しっかりと疲労を取ることも同時に行ってもらい、再発せず、痛みのなくしゃがめる、動ける状態にしていきます。

 

オスグッド病で長期間苦しむ必要はありません。大丈夫です。原因を一つ一つ解消してよくしていきましょう!

電話予約

メールお問い合わせ