子供のかかと痛(シーバー病)について

ランニングマシン

、当院では、主に膝痛、股関節痛の方に加えて、オスグッドのようにスポーツ障害で来院される子供もたくさん来院されます。

今日は、スポーツ障害の一つである、かかと痛(シーバー病)についてです。

 

10歳前後の成長期に多く、膝が痛いオスグッド病と並んで、発症率が高いかかと痛(シーバー病)です。

 

病院へ行くと、踵骨骨端症という病名で診断されることが多いです

 

かかとの軟骨部がアキレス腱や足底筋膜に引っ張られることにより、炎症が起こり、腫れや圧痛、歩行時痛(つま先歩きになる場合もある)がでると言われています。

 

また偏平足の場合は、踵に負担がかかりやすく、痛みがでやすい傾向にあります。

 

 

病院で、かかと痛(シーバー病)と診断されると、治療方法の一つとして

インソール(靴の中敷き)を勧められることがあります。

 

確かに、インソールをつけることで、

痛みが和らぎ、緩和しているように感じてしまうかもしれませんが、

あくまでもそれは対処療法であり、根本解決にはなっていません。

 

かかと痛の原因は、痛みの原因でお伝えしているとおり、筋肉の過緊張であり、

足底やふくろはぎが固くなると起きる症状なので、

そこを緩めることが大切なのです。

 

その他にも、水分の摂取不足で、内臓の動きが悪くなると、

関節の動きは悪くなり、筋肉が固くなりやすくなると言われます。

当院でもお伝えしていますが、水はだいたい体重25kgにつき1リットルくらいは、小まめに取るようにしてください。

 

足底やふくらはぎを緩める以外にも、再発させない為には、骨盤のゆがみや足のアーチ、お尻からアキレス腱までの筋肉など、全体をみることが大切です。