痛み軽減の秘策は貧乏ゆすり!?

健康番組の「ためしてガッテン」が

「40代から特にキケン!とれない足腰ヒザ痛の真犯人」という題で「股関節」について放送していた内容です。

そこでは、意外な治療法で成果をあげた病院を紹介していて、何の運動を行っているかというと・・・

 

「貧乏ゆすり(ジグリング)」なんです。

股関節周辺の筋肉をゆるめた状態で、継続的に動かすと、血流がよくなり痛みが軽減します。

細かくゆらすことで、栄養が供給されやすくなり、結果的に繊維軟骨が再生されて骨の表面が覆われ、関節がスムーズに動くようになると考えられています。

マウスの実験では、実際に軟骨が再生することが確かめられています。

 

実際に軟骨が再生するのに、どれくらいかかるのかはわかりませんが・・・・

 

貧乏ゆすり(ジグリング)の効果としては

変形性膝関節症、股関節症の関節間の開大や軟骨再生、痛みの寛解などがあげられますが、

エビデンスはまだ多くはなく、研究報告はあるものの今なお研究が続けられています。

 

ゆらし療法的には、貧乏ゆすり(ジグリング)をさらに効果を上げるために、股関節に触れて動かすと緊張がもっととれやすくなります。

膝痛、腰痛は身体のつながりから、股関節に原因があることが、症例的に多いです。また軟骨のすり減りが股関節の痛みの原因と言われますが、筋肉の過緊張が原因です。

貧乏ゆすりとゆらし療法は違いますが、筋肉の張りや硬さを緩めることで、痛みを軽減させるというのは同じです。

 

えがお療法院やすらぎでは、自宅で行う運動もお伝えしているので、痛みでお困りの方はぜひご相談ください。